ストーカー対策ができているお店

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ホテヘルで仕事をするのであれば、ストーカー対策をしなければなりません。ホテヘルとは無店舗型ヘルスであることから、プレイはラブホテルで行います。そして、プレイが終了するとお客さんと一緒にラブホテルをチェックアウトして、ラブホテルの前で別れることが一般的な流れです。

本来であればそこで終わりなのですが、その後に男性客が隠れてあとを付けて来る場合があります。お店の近くで仕事の終わりをずっと待っていて、最終的には自宅まで突き止められることも考えられます。こういったストーカー行為によって自宅がバレてしまうと、危険なだけではなく、引越ししたり自分の行動エリアを変えたりする必要も出てくるので、非常に面倒です。。

そのため、何かおかしな様子を感じたら必ずスタッフに連絡をしましょう。優良店であればすぐにスタッフが駆け付けてくれます。ホテヘルは一般的な店舗型風俗と異なりラブホテルでプレイを行うので、あらかじめすぐにスタッフが駆け付けてくれるのか確認しておきましょう。

ストーカー予備軍のお客さんだということが分かった場合は、プレイ後にすぐにスタッフに伝えるようにしましょう。場合によっては出禁にしてくれるのです。ちなみに、ストーカー対策を整えている大阪十三の風俗求人もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

スタッフの送迎で安心して帰宅

 

ストーカー被害において最も気をつけなければならないのは帰宅時でしょう。お店の外でストーカーが待ち伏せしている場合もあるのです。ストーカー被害に遭うとその恐怖から、女性キャストはすぐに辞めてしまいます。そのため、優良ホテヘルでは送迎サービスを行ってストーカー対策に努めています。

送迎であれば車移動ですので、簡単にストーカーに後をつけられる心配はありません。また送迎にはストーカー対策以外のメリットもあります。ホテヘルはハードワークであることから、慣れない女性は疲れ切ってしまいます。そのような状態で電車に乗って帰宅することは大変ですが、送迎であれば快適に帰宅することが出来るのです。特に普段OLでWワークとしてホテヘルで働いている女性は、帰宅が楽になるのはありがたいのではないでしょうか

また、ホテヘルで働く女性によっては、自宅を知られることに抵抗のある方もいるでしょう。もちろん、スタッフ側もそういった心理を理解しているので、自宅の手前までの送迎も可能です。そのため、自宅を知られる心配はありません。なお、送迎は車内でドライバーと2人切りになりますが、ドライバーと個人的な連絡先の交換が禁止されています。そのため、2人切りになっても安心でしょう。